<   2006年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

おばあちゃんのお葬式

今日は私のおばあちゃん(母方です。)のお葬式でした。

4月26日にお亡くなりになり、本日が告別式ということで、母の実家、三重県津市まで
私、弟、母の3名で参列する事になりました。おばあちゃんは高齢でなんと98歳まで長生きされ、親類縁者の方々はせめてあと2年...100歳まで生きて欲しかったなど、葬儀場では故人を惜しむ会話があちこちから聞こえてきました。
私のおばあちゃんですので、もちろん私の子供からすれば、ひーおばあちゃんです。
私の愛娘(今年20歳になりました。)がもしもここ数年で結婚し、赤ん坊が授かれば、その子にとっては”ひーひーおばあちゃん”になってしまいます。実は私としてみれば、100歳をまっとうすることよりも、ひーひーおばあちゃんになってもらう事の方が切なる希望だったわけです。

Episode Ⅰ
三重の田舎には10数年ぶりに行ったわけで、長い間顔を合わしていないおじさんやおばさんに
会えたこともちょっぴり感動。皆さん意外とお変わりなく、元気な方が多かったので「やっぱり田舎生活をするほうが長生きするんやろうか...?」と勝手な思い込み。

Episode Ⅱ
葬儀会館で「えーちゃんか?」と呼ばれて振り向くと初老のご婦人の姉妹が...。
”-しばらくお待ちください-” と私の頭脳のメモリからメッセージ。そのご婦人の昔の画像の検索が始まりました。数秒後に写し出された画像を見て、納得!
私が若かりし頃、田舎へ行くといろいろお世話になった美人姉妹です。
会えた感動50%、変化指数30%、女性としての魅力15%、その他5%てところでしょうか。

Episode Ⅲ
従兄妹との対面:中には20年近く顔を見ていないイトコもいたんですけど、会って一声が「あんた、えーおじさんになったなぁ」だって。思わず出た私の言葉は「あんた、人の事言えんやろ。えーおばさんやん(笑)」20年経ってこの会話ができるのはイトコならではモノとつくづく思いました。

Episode Ⅳ
見知らぬ子供たち:当然といえば当然なんですが、10数年も田舎へ行ってなかったので、イトコの息子、娘(甥、姪になるんですよね。)になると全くわかりせん...。10数年前の鼻垂れ坊主が高校2年、生まれたての赤ちゃんが中学3年の女の子。高校3年の女子を筆頭に小学4年生の坊主まで総勢6名「こいつら一体どこの子やねん?」って感じです。

私の記憶は10数年前の田舎のイメージのままで止まっていましたが、おばあちゃんのお葬式をきっかけに久々に更新する事ができました。親類、縁者の皆さんいろいろお世話になり、ありがとうございました。
[PR]
by wilddog-blues | 2006-04-28 22:23 | Rockな生活

Modeler's Room 004

続々登場!
”Daisuke-K”氏に続き、N社のガンプラ名人、H-I氏から新作2点が届きました。
今回も素晴らしい作品、ありがとうございます!
前回のH-I氏の作品からさらにパワーアップした勇士をご覧下さい。
今回は私の大好きな”ザク”系モビルスーツの登場です!
f0108137_22121628.jpg
ザク ファントム
f0108137_22131280.jpg
インパルス ガンダム

いやーいつ見ても力作ですねー!
[PR]
by wilddog-blues | 2006-04-26 22:09 | Modeler's Room

Modeler's Room 003

f0108137_2245110.jpg
摩訶不思議、造形WORLD!
今回は、我N社期待の造形作家
 ”Daisuke-K"氏の作品です。
氏の作品は独自のインスピレーションから創造され、奇抜な世界を生み出して我々を異次元の森へと誘います。
類稀なる才能を持った氏であるからこそ、このような作品をおしげもなく私たちに紹介してくれたのだと思います。
唯一残念でならないのはこの素晴らしい作品の名称を公開できなかった事です。
これは氏自ら極秘という要望がありまして、これもまた一興。氏は見る方々が、それぞれ独自の名称をつけていただきたいと強く望んでいるようです。
f0108137_2343078.jpg
f0108137_23508.jpg
f0108137_2353223.jpg

氏の工房での製作風景を掲載いたしました。
次はどのような作品を公開していただけるのか、非常に楽しみです。
f0108137_23132213.jpg

[PR]
by wilddog-blues | 2006-04-25 22:45 | Modeler's Room

まぁ、いつもの事なんですけど...

私はサウスポードラマー
という事は、スタジオに入ると当然のごとく、
ドラムセットの配置は右用。必然的に左用にセッティングしなければなりません。
ハイハット、スネア、フロアタム、ライドシンバル、クラッシュシンバル...
数が多いと多いほど時間が掛かります。
まぁ、そのかわりというのもなんですが顔を憶えてもらう事も多いかな?
しかし、「ドラム左です。」というとみなさん揃って「おっイアンペイスみたい!」
同じ事をおっしゃいますね。
イアンペイス氏など例えに出されるとバチが当たるくらいへたくそですから、
「いや~面倒な事ですみません。」というしかないですね。
いやはや練習にしても、ライブにしても、
セットに時間の掛かるコマッタさんでございます。(笑)
f0108137_23145361.jpg

[PR]
by wilddog-blues | 2006-04-23 23:15 | Rockな生活

Drエーヂの”まぁ1回聴いてみて!”003

柳ジョージ&レイニーウッド
「Y.O.K.O.H.A.M.A]

私と同年代の方々ならよく知っておられると思います。その頃の柳ジョージ氏の作品は
TV主題歌やCMソングでよく流れていました。ブルース色の濃いロックは大人のしぶーい
感じを堪能できます。
数ある作品の中でもこの「Y.O.K.O.H.A.M.A」は代表作。アルバム中の”雨に泣いてる...”は大ヒット曲です。

PRISONER
WHAT DO YOU WANT
COPENHAGEN PARK
SAD CLOWN
PUB
雨に泣いてる…
港亭
GROOVY GIRL
HEY DARLING
CHINESE QUEEN
本牧綺談
FENCEの向こうのアメリカ
[PR]
by wilddog-blues | 2006-04-23 09:10 | まぁ1回聴いてみて!

Drエーヂの”まぁ1回聴いてみて!”002

King Crimzon ”太陽と戦慄”
このアルバムもプログレッシブロックが好きな人なら超有名なんですけど、
この奇妙なデザインのジャケットを見ながらレコードに針を落とすと...。
そこにはもう本当に何が出てくるかわからない、ザワザワした世界に引き込まれそうに
なります。アルバムを大音量で最後まで聴いたら、何か得たいの知れない満足感?不安感?
きっと放心状態になるのは間違いありません。
アルバム中の私のお気に入り曲:
太陽と戦慄パート2、イージーマネー

1.太陽と戦慄パートⅠ
2.ブック オブ サタデイ
3.エグザイルズ
4.イージーマネー
5.トーキング ドラム
6.太陽と戦慄パートⅡ
[PR]
by wilddog-blues | 2006-04-20 22:57 | まぁ1回聴いてみて!

Drエーヂの”まぁ1回聴いてみて!”001

ロック好きな奴らのバイブルとも言えるディープパープル(DP)。
このDPの第2期1stアルバム「IN ROCK」
このアルバムは1曲目の”Speed King”からラストの”Hard Loving man”まで全編通してリッチーブラックモアのギターが唸り狂ってます!
DPといえばこの後”Smoke on the Water”や
”Burn”など超有名なハードナンバーを次々と生み出していますが、この1stアルバムこそハードロック!と私はお勧めします。
ほんまに気合の入った”ロック”が聴けます!


Deep Purple"IN ROCK"
1.Speed King
2.Blood Sucker
3.Child in time
4.Flight of the Rat
5.Into the Fire
6.Living wreck
7.Hard Loving man
[PR]
by wilddog-blues | 2006-04-19 23:51 | まぁ1回聴いてみて!

お昼の幸せ?

N社では最近少数人数ではあるが、昼食後のひとときに100円の深煎りコーヒーを
飲みながらロック談議をするのが流行っている。
普段はインスタントの70円コーヒーや持参のお茶ですましている面々だが、この昼食後だけは
いつもより30円の贅沢をして、深煎りコーヒーの濃厚な香りと深い味わいに堪能していると次から次とロックな話題にことかかない。
フェンダーストラトからES335、クリーム~ツェッペリンまでブルースやロック好きな仲間が
すき放題に語り合っている。
これを機会に興味のある方は深煎りコーヒーを飲みながらロックを語ろう(笑)
f0108137_2245595.jpg

[PR]
by wilddog-blues | 2006-04-17 22:34 | Rockな生活

ちょっと恥ずかしいけど、初体験

最近やたらと増加する傾向にある、セルフガソリンスタンド。
実は4月12日、このセルフスタンドで給油をするという行為を初体験いたしました。
なにを今更...と思われる方も多いと思いますが、私はれっきとしたセルフスタンドビギナーです。(笑)
「セルフに1回いってみよう!」と思ったきっかけ。
先日、N社の美人OLさんにセルフスタンドの有効利用についてお話を伺ったことに関連があります。
それはいつまでもこの施設の利用ができないとなると、深夜などに給油ができなくなり、ガス欠になってしまう恐れが発生することです。
おまけにお財布の中身が「寒~い」時などは、
「満タンですか?」
「えっ、アー1000円だけで...」
というようなちょっとかっこつかない会話をしなければなりません。
そう思うと、「セルフだからやだなぁ」などと言っている場合ではないと感じ、ここは1発勇気を振り絞ってセルフ突入を決行いたしました。

「すみませ~ん。セルフ使うん初めてなんで教えてもらえますか?」
「はい。すぐに行きますのでしばらくお待ちください。」
店員が私の車にくる。
私は何からはじめたら良いのか分からないので「ぼーっ」と立ったまま。
「全くはじめてですか?」
「はい。全くはじめてです。」
私がそう答えると、店員は一から十まで懇切丁寧に教えてくれました。
...なるほど、こういう方法で給油するんか...。
多少の不安はのこるものの無事給油は完了。
これで私はめでたくセルフユーザーの資格を取得することができました。

私の変な確信。「これで深夜の給油も恐くない!」
しかし、セルフスタンドも無いところではガス欠にならないように気をつけましょう。
[PR]
by wilddog-blues | 2006-04-15 01:38 | Rockな生活

Modeler's Room 002

今回は私の作品紹介
昨年の社内ガンプラ大会に出品した、「Bassist:セイラさん」です。
人形本体はバンダイのプラモをそのまんま使用。
エレキベースらしきものについては、私のスクラッチビルドでございます。
f0108137_3334083.jpg
小さいため(5~6センチ)塗装のへたくそはご勘弁を
[PR]
by wilddog-blues | 2006-04-13 03:40 | Modeler's Room